• Masaru Tanaka

恋の距離を縮めたいカップルには【徳利と猪口でアシスト】~豊盃~純米大吟醸編. 日本酒専門店の人と酒の交わるショートストーリー、


ある日のこと。  お互い好意があるであろう、 カップルが来店しました。 まだお付き合いはしていないみたいでした。  来店から  二時間ほど経ち、 二人の距離は  どんどん近くなっています。。。♥

も、もどかしい~~💦

男性側が  何か遠慮していて 決め手の言葉を かけられずにいます😂

女性側も好意があるけれど そこは女性からは  決め手は出さないよね💦💦

くうううう~~~!!

マスターの心の声☞ (おい、もう少しだ!イケル! 男気を見せてくれ!!)

それから 見るに見かねたわたし、 なにか距離を縮めたい。。。。

そんなときにとっておきのアイテムがあった!!! 

じゃ~~~~ん!!!

『お猪口と徳利で豊盃純米大吟醸~~!!!』 

まるごとリンゴをかじったような果実感と、 日本酒らしいコクや旨味を兼ね備えたこの日本酒は 二人のあま~~~い時間を演出するのにピッタリじゃああ~~~!!!

マスターの心の声☞  (今度こそ!イケル!あと少し!気張るんだ!!) 

… お猪口と徳利でお酒を酌み交わす二人。。。

美しい。 なんたる美しい光景たることよ。。。✨

お猪口と徳利でお酒を酌み交わすと 必然的にコミュニケーションが生まれる。☘️

そして、豊盃を同時に口に含む二人…🍶

そして、 それを見てみないふりをして、 聞き耳を立てるワタシ。。。w 👂

『美味しい~~~!!! ほっぺたが落ちそう!!!!😋🍎』

二人とも感激しているっ

二人の距離は一気に縮まった!!!

ヨシキタ~~~~‼‼

さあ、 

時計の針はそろそろ12時を回ろうとしていた。

二人は  この場での雰囲気を  名残惜しみながらも

そろそろ出なくてはいけないという  空気を醸していた。

心の声☞  (さ~みてみ!もう女性のほうは心ほどけて心待ちにしているぞっ) 

その次である。

『この後どうしようか??』 

食器を洗う手が止まった。。。。

心の声☞  (ち、ちが~~~~~~う!!  女性にそこは意見は求めるところちゃうねん!! そこはリードしんしゃいなア~~~ああ!!!!!!!) 

女性は苦笑いをしていた。。。。

二人はお会計を済ませて外にでた。

今回はもうそのまま別の道に帰ったであろう。 ハッピーエンドにはならなかったが、 人間、そうは上手くいかないものだ。 

しかしながら、 徳利とお猪口で二人の距離は 一気に縮まったのを感じれて こちらもすごく嬉しかった。 

今日はダメでも次は行けるぞ。 二人の背中を見送り幸運を祈った。 

豊盃の純米大吟醸。 スイートな二人の空間を演出をするのに最高だったな。。。

今宵も密かに、  勝手に、

カップルになりそうな方がいたら アシストさせていただこう。 

日本酒専門店の人と酒の交わるショートストーリー、 ~豊盃~純米大吟醸編でした🍎

※この話はマスターの妄想の世界で脚色があります。 特定の人に向けて書いたわけではございません。 ご安心ください。

6回の閲覧0件のコメント